What's NMN?

NMNとは?

NMN
ニコチンアミドモノヌクレオチド
nicotinamide mononucleotide

NMNは、酵母や酵素の研究から発見されたビタミンに近い物質です。近年、エイジングケアの分野で報告があり、世界中の研究者が注目しています。

NMNニコチンアミドモノヌクレオチドnicotinamide mononucleotide化学式
NMNニコチンアミドモノヌクレオチドnicotinamide mononucleotideイメージ画像

エイジングケア*の
鍵となるNMN

※年齢に応じて不足しがちな栄養素を補う

NMNは体内に吸収されたのち、補酵素に変換されます。しかし残念ながらその補酵素は年齢とともに体内から減少するため、栄養素として摂取する必要があります。栄養不足では生物は衰えていきます。歳を重ねることは避けられませんが、いつまでも元気に活動するために、補酵素を増やしていく必要があります。

NMNから変換されるNAD+は年齢とともに減少する

なぜNMNが良いのか?

エネルギー量に大きく関係する補酵素は加齢とともに減少していきますが、分子構造が大きいため、摂取しても体内に吸収されにくい物質です。そのため、体内で補酵素に変換するNMNを補うことが効率的なのです。

NMNは摂取後NAD+に変換される

食物からも摂れるが、その量はごくわずか

NMNは母乳や野菜からも摂ることができますが、その量はごくわずかです。NMNを特に多く含む野菜でも1日分のNMN100mgを補うためには、毎日、枝豆33,000粒(約21kg)、ブロッコリーでは2,000房(約40kg)が必要です。

NMN100mgを摂取するために必要な食物の量、ブロッコリー、枝豆、母乳を例として記載

国内外で注目されるNMN

アカデミックな分野だけでなく、メディアでも取り上げられるようになったNMN

世界中の研究者による報告が相次ぐNMNは、アカデミックな分野だけではなく、テレビや雑誌などメディアでもその魅力を多数紹介されています。日本国内では、NHKの番組等で取り上げられ、NMNの研究結果が伝えられました。

マスメディアの写真

世界中の大学で加速するNMN研究

ハーバード大学、ワシントン大学、東京大学、慶應大学、大阪大学、広島大学、静岡大学、富山大学などにおいても年齢による身体の機能、健康の変化を、中からサポートする物質としての数々の研究報告がされています。

2000年代を超えて
大幅に増加している
NMN関連の論文数*

世界の研究者が注目!

*2021年10月時点 ノルデステ社調べ

メディアでも注目が高まるNMN

TV放映

2015年にはNHKでハーバード大学、ワシントン大学での研究が放送され、その成果は世界に衝撃を与えました。

書籍

英国の総合科学誌『ネイチャー』や、米国の『サイエンス』『セル』などの有名科学誌にて、NMNの優れた研究が特集されました。
ハーバード大学のデビッド・シンクレア教授の10万部を突破した著書の中でも注目の物質として NMNは繰り返し紹介されています。また、教授ご自身とお父様は、毎日1,000mgのNMNを摂取していると述べられています。

NMNを取り上げた書籍群

NASA(アメリカ航空宇宙局)

NASA(アメリカ航空宇宙局)は、宇宙ステーションから帰還した飛行士にNMNの摂取をさせていると公表しました。

宇宙飛行士の写真

NMN の選び方

NMNは世界的に注目度が高まっている物質ゆえに、その品質は玉石混交です。
NMNサプリメントを選ぶうえで大切にしないといけない品質基準をご紹介します。

当社におけるNMNの品質基準「APPS™️」

NMNは現在、国際的に需要が高まっている希少な健康物質です。そのため、アジア各国でNMN原料の模造品が氾濫している現状があります。
アメリカの第三者機関の抜き打ち検査では、大手ショッピングサイトなどでNMNを全く含まないNMN製品が多数販売されていることが報告されました。
そこでインフィニクスは、お客様による客観的な判断を可能とするために、NMNの品質を表す基準APSSをポリシーに掲げることにしました。
APSS™️を生み出したノルデステは、健康を客観的に科学するユニークな企業として、日本を始めアジア、北米各国の消費者に信頼されています。

  • Authenticity(真正性)
    NMNを原料から国内生産することで、模造NMNの混入可能性をゼロにしている。
  • Purity(純度)
    最高純度99.9%の限りなくピュアな国産NMNを生産し、日本国内の分析専門機関にて測定している。
  • Stability(品質安定性)
    NMN粒子をナノメートルの単位で解析し、国内の特殊粉砕技術で均一の大きさに仕上げ、体内吸収レベルを一定に保っている。
  • Safety(安全性)
    食品としての安全性はもとより、自主的に製剤レベルの安全性基準を策定し、検査している。
APSS™ロゴ

安全性と副作用ついて

慶應大学とワシントン大学の共同ヒト臨床研究によって、NMNが安全に人体に吸収されることが報告されています。
同研究では、健康な男性10人を対象に、NMNがヒトに安全に投与できるかを調べる臨床研究で、以下の内容が確認されています。

“NMNが健康なヒトに ①安全に投与可能である ②投与した量に応じて体内で代謝されている”

また、現時点で、人体にも動物にもあらゆる副作用の報告はありません。

* Irie, Junichiro, Emi Inagaki, Masataka Fujita, Hideaki Nakaya, Masanori Mitsuishi, Shintaro Yamaguchi, Kazuya Yamashita, et al. 2020. “Effect of Oral Administration of Nicotinamide Mononucleotide on Clinical Parameters and Nicotinamide Metabolite Levels in Healthy Japanese Men.” Endocrine Journal 67 (2): 153–60.

安全性と副作用ついて